楽天カードは学生でも作れる?学生の楽天カード審査や申し込み手順を解説

楽天カードは高校を卒業した18歳以上の学生なら申し込みできるクレジットカードです。大学生・短大生・専門学校生などの方なら申し込み可能となっています。

ここでは学生の方が楽天カードを申し込む前に知っておきたい申し込み手順、申し込みに必要なもの、学生の楽天カード審査について解説します。

楽天カードは学生でも作れる

楽天カードの申し込み条件は「18歳以上(高校生不可)」なので、大学生、短大生、専門学校生などの方なら学生でも作れます。楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなどの一部のカードは申し込み条件が「20歳以上」なので、20歳未満の学生の方は通常の楽天カードを申し込みましょう。

また、フリーター・アルバイト・会社員など、学生以外で未成年の方でも、18歳以上なら楽天カードを申し込みできます。

学生区分・職業 楽天カードの申し込み可否
高校生 申し込み不可
大学生、短大生、専門学校生 申し込み可能
フリーター、アルバイト、会社員、派遣社員 申し込み可能

学生は本人収入がなくても作れる

楽天カードの申し込み条件「18歳以上」を満たしていれば、学生でアルバイトをしていない方(本人収入がない方)でも申し込みできます。学生はご両親の扶養のもと生活をしていると判断されるため、クレジットカード料金の返済が毎月きちんとできるとカード会社が判断するからです。

また、楽天カードの申し込みには収入証明書を提出する必要はありません。楽天カード申込時に記入する「年収」の欄を参考にカード会社は返済能力を判断しています。学生の場合、年収0円と記入して申し込んでも問題ありません。

楽天カードの学生審査

「学生でも楽天カードの審査に通るの?」と疑問に思うかもしれませんが、楽天カードの申し込み条件さえ満たしていていれば学生でも問題なく審査を行ってくれます。また、楽天カード申込時には職業欄で「学生」を選択できます。つまり、楽天カードは学生に対しても審査を行ってクレジットカードを発行してくれるということを意味します。

学生であれば、初めてのクレジットカードで審査が心配という方も多いと思いますが、楽天カードは審査がそれほど厳しくない一般カードです。ゴールドカードのような審査が厳しいカードを申し込んでしまうと学生は審査に落ちる可能性が高いですが、初めてクレジットカードを作るのであれば一般カードである楽天カードを申し込んでみるのが良いでしょう。

未成年者は親権者の同意が必要

未成年者(18歳~19歳)が楽天カードを申し込む場合、必ず親権者の同意(親の同意)が必要です。楽天カードを申し込むと数日後に楽天カードから本人確認の電話がかかってきて、「ご両親の許可を確認したいのですが、ご両親はいらっしゃいますか?」と言われます。両親がその場にいれば電話を繋いで、ご両親の許可が取れれば親権者の同意確認は完了です。

一人暮らしの学生で両親と別居の場合、ご両親の電話番号を電話口で伝えて両親宛に電話をしてもらいます。楽天カードから電話がかかってきたときに「両親と別居です。両親の電話番号を伝えるので確認してもらえますか?」と伝えてみましょう。

上記のように未成年者は親権者の同意が必要になりますが、20歳以上の学生の方なら親権者の同意は必要ありません。ただし、申込者の電話番号が正しいか確認するため、本人確認の電話はかかってくる可能性はあります。

学生が楽天カードを申し込む手順(作り方)

学生の方が楽天カードを申し込む手順は下記の通りです。楽天カードは申し込みから1週間~2週間で審査が完了するので、必要なものを用意できたら早めに申し込むと良いでしょう。

  1. 申し込みに必要なものを用意する
  2. 楽天カードの申し込みページにアクセスする
  3. 申し込みページで申込者情報を入力する
  4. 楽天会員登録を行う
  5. 本人確認の電話がかかってきたら電話に出る
  6. 楽天カードが申込者の住所(自宅)に届く

楽天カードの申し込みに必要なもの

楽天カードを作るには下記の2点が必要になります。

  • 引き落とし用の銀行口座(通帳)
  • 身分証明書

楽天カードの申込時に必要なものは、楽天カードの引き落とし口座設定に必要な銀行口座情報のみです。申込時には銀行口座の支店名、口座番号を入力する必要があるので、引き落とし口座として設定する銀行の通帳を用意しましょう。

また、楽天カードが郵送で送られて受け取る際には、身分証明書が必要になります。申込時には身分証明書は必要ないので、申し込みしてから用意すれば問題ありません。楽天カードの受取時には下記いずれか1点、身分証明書が必要になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民票
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • パスポート

運転免許証を持っていれば運転免許証を提示するのが一番スムーズです。運転免許証を持っていない学生の方は健康保険証、もしくは役所で発行できる住民票を申込後に用意しましょう。

楽天カードの申し込みページを開く

楽天カードは楽天カード公式サイトから申し込めます。楽天カードの申し込みページにアクセスしましょう。なお、楽天カードは店頭申し込みできないため、スマートフォン(携帯電話)やパソコンなどのインターネットに接続できる機器が必要です。

申し込み情報(基本情報)を入力する

楽天カード公式の申し込みページを開くと、申し込み情報を入力する画面が表示されます。カード申込者の住所や電話番号などの情報を入力し、申し込む楽天カードの国際ブランドなどを選択します。

学生の方は初めてクレジットカードを作るという方も多いと思うので、学生の方が楽天カードを申し込む際に悩む入力項目について解説していきます。

国際ブランド選択

楽天カードは国際ブランドをVISA、Mastercard、JCB、アメリカン・エキスプレスの中から1つ選べます。お店で楽天カード支払いするとき、国際ブランドに対応した加盟店でのみ支払いが可能です。

初めてクレジットカードを作る学生の方には、VISAかMastercardの国際ブランドがおすすめです。VISAとMastercardは国内・海外で加盟店数が多く、支払いに対応しているお店が多いからです。

ディズニーデザインの楽天カードを作りたい場合、国際ブランドの選択はJCBのみになります。日本国内であればJCBの国際ブランドでも支払いに困ることはほとんどないため、JCBを選択しても良いでしょう。

カード選択(デザイン選択)

楽天カードは複数のデザインの中から1つ選択できます。どのデザインカードを選んでもクレジットカードとしての機能に違いはないので、自分が好きなデザインを選びましょう。

電話番号

電話番号は自身の携帯電話番号、もしくは固定電話番号を入力します。携帯電話しか持っていない場合、携帯電話番号だけ記入すれば問題ありません。また、一人暮らしの学生の場合、実家の電話番号などを記入する必要はありません。

お勤め先・学校

学生の場合、「お勤め先・学校」の選択欄では「学生の方」を選択します。学生でアルバイトをしている方でも「学生の方」を選択すると審査に通りやすくなるため、必ず「学生の方」を選択しましょう。

ご本人様税込年収

学生の方でアルバイトをしていて収入がある場合、ご自身の年収を記入します。アルバイト期間が1年未満の場合は見込み年収を記入します。仮に1ヶ月の給料が5万円だった場合、5万円×12ヶ月=見込み年収60万円となります。

年収として記入する金額は、手元にある給与明細や源泉徴収票などに記載されている「総支給額」の金額です総支給額は保険料や所得税が引かれる前の金額となっています。

アルバイトをしていない学生の方は、「ご本人様収入について」の項目で「なし」を選択すればご本人様税込年収の記入欄は表示されません。学生の場合、本人収入がなくても楽天カードを申し込めるので年収は記入しないまま次の項目へ進みましょう。

住所

住所は自身が住んでいる住所を記入します。住所欄に記入した住所に楽天カードが郵送で送られてくるため、必ず自分が住んでいる住所を記入しましょう。

学生の一人暮らしの場合、住民票を移しておらず実家の住所が住民票の住所となっている方もいると思いますが、その場合でも自分が住んでいる住所を記入しましょう。

ご家族について

「ご家族について」の項目は、配偶者の有無と子供の有無を選択します。実家に住んでいる学生の方は「独身(家族同居)」を選択し、一人暮らしの学生の方は「独身(家族別居)」を選択します。

また、結婚している方は「配偶者有」、お子さんがいる方は「子供有」を選択します。

預貯金額

預貯金額は自身の預貯金額を選択項目「なし」~「300万円以上」の中から選択します。預貯金額が多いほど審査で有利になりますが、学生の場合は預貯金額が少なくても審査にほとんど影響はありません。

預貯金額をカード会社に教えたくない方は「申請しない」を選択することもできますが、カード会社の審査参考にしてもらうため、預貯金額は申請した方が良いでしょう。

引き落とし銀行口座の設定

楽天カード利用料金の引き落とし銀行口座は、カード申込者と同じ名義の銀行口座である必要があります。そのため、両親・家族の銀行口座を楽天カードの引き落とし口座として設定することはできません。学生で銀行口座を持っていない方は先に銀行口座を作成する必要があります。

楽天カードの引き落とし銀行口座は、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など、ほとんどの銀行口座を引き落とし口座として設定可能です。楽天銀行の口座を持っていない方でも楽天カードを申し込みできます。

自動リボサービスの申し込み

自動リボサービスとは、楽天カード利用料金が毎月自動的にリボ払いになるサービスです。リボ払いは月々の支払い料金が少なくなりますが毎月利息が付いてしまうため、特に理由がなければ「申し込まない」を選択しましょう。

楽天カードを作った後にリボ払いサービスを利用したくなった場合、後からリボ払いに変更もできるので現時点で必要がなければリボ払いサービスは申し込まないことをおすすめします。

ETCカード

楽天カードは高速道路・有料道路の支払いができるETCカードを追加カードとして発行可能です。ETCカードを発行した場合、ETCカード年会費540円(税込)が毎年かかります。ただし、楽天会員ランクがプラチナ会員以上の場合、ETCカード年会費無料となります。

ETCカードは楽天カード発行後でも申し込みできるので、今すぐ必要ない方は必要になったときにETCカードを申し込むと良いでしょう。

楽天会員登録を行う

楽天カードを作るには楽天会員登録が必ず必要です。楽天会員ではない方は申し込み情報を入力した後に楽天会員登録の画面に進むので、そのまま楽天会員登録を行いましょう。

すでに楽天会員の方は楽天カード申し込み前に「楽天会員の方」を選択すれば新規登録は必要ありません。

審査結果の連絡を待ってカードを受け取る

楽天カードは1週間~2週間程度で審査が完了します。審査が終わったら郵送で楽天カードが郵送で送られて来ます。楽天カードの受け取りには本人確認書類が必要なので、運転免許証や健康保険証、住民票の写しなどを用意しておきましょう。

本人確認の電話がかかってきた場合は電話に出る

楽天カードの審査中、申し込み時に入力した電話番号に本人確認の電話がかかってくる可能性があります。本人確認の電話では、申し込み時に記入された名前や電話番号が間違いないかの確認が行われます。

未成年者(18歳~19歳)の方が楽天カードを申し込んだ場合、本人確認と同時の親権者の同意を確認されます。ご両親に電話を代われる状況であれば電話を代わって、楽天カードを作ることに同意していること電話口で伝えましょう。

学生が楽天カードを作るときのQ&A

学生の方が楽天カードを作るとき疑問に思うQ&Aについて解説します。

学生の利用限度額はいくらになる?

学生の方が楽天カードを申し込んだ場合、利用限度額(ショッピング枠)は10万円~30万円に設定されることがほとんどです。通常のお買い物であれば、10万円~30万円の利用限度額があれば十分でしょう。

海外旅行などの理由で、一時的にクレジットカードの利用限度額を上げたい場合、一時増額を申請できます。利用限度額の一時増額は楽天カードの会員ページで申請できます。

学生でも楽天カードのキャッシング枠を申し込めますか?

学生でもアルバイトをしていて本人収入があれば楽天カードのキャッシング枠を申し込めます。キャッシングは原則として本人収入がなければ利用できないと法律で決まっているため、本人収入がない学生の方はキャッシング枠を申し込めません。

楽天カードと楽天カードアカデミーどちらを申し込めば良い?

学生限定で発行されている楽天カードアカデミーは学生向けの特典がいくつか付いています。楽天カードアカデミーは楽天ブックスや楽天トラベルでポイントが貯まりやすくなりますが、それ以外の機能としては楽天カードとあまり変わりありません。

また、楽天カードアカデミーの国際ブランドVISAかJCBしか選べない、利用限度額が低めに設定されるというデメリットもあります。楽天グループのサービスを頻繁に利用する方は楽天カードアカデミーを作っても良いですが、特に理由がなければ通常の楽天カードを申し込むのがおすすめです。

楽天カードアカデミーは卒業後に一般カードへ切り替わる

楽天カードアカデミーは卒業年度の6月に自動的に通常の楽天カードに切り替わります。通常の楽天カードに切り替わるということは、カード番号が変わってしまうので月々のカード払いの登録設定などを設定し直す必要があります。

楽天カードの審査に落ちたらどうすればいい?

学生の方が楽天カードの審査に落ちる理由として考えられるのは下記のような点です。

  • 過去にクレジットカード料金返済の延滞があった
  • 過去に携帯電話本体料金の返済延滞があった
  • 本人確認の電話が繋がらなかった

その他にも楽天カードの審査に落ちる原因はありますが、学生の方で楽天カードの審査に落ちる場合は上記の3つが主な原因となります。特に「クレジットカード料金の返済延滞」と「携帯電話本体料金の延滞」があると、個人信用情報機関という機関に延滞履歴(ブラックリスト情報)が残っていてクレジットカード審査に通りにくくなります。個人信用情報機関にブラックリスト情報が残っていると楽天カード以外のクレジットカード審査にも通りにくくなります。

ただし、楽天カードの審査に落ちたからと言って、他のクレジットカード審査にも絶対に落ちるというわけではありません。審査に落ちた理由をカード会社は教えてくれないため、楽天カードを申し込んで審査に落ちてしまった場合は他のクレジットカードを申し込んでみて審査に通るか試してみると良いでしょう。

楽天カードよりもポイント還元率が高いREXカード

REXカードはポイント還元率1.25%の高還元率クレジットカードで、楽天カードよりもポイント還元率が0.25%高いです。年会費無料で、学生でも申し込み可能です。

会員専用サイト「JACCSモール」を経由して楽天市場などでお買い物をすると、ポイント還元率がアップする特典もあります。あまり楽天市場を使わない方なら、楽天カードよりもREXカードがおすすめです。

REXカード
REXカード

  • ポイント還元率1.25%の高還元率
  • 年会費無料・発行手数料無料
  • 学生でも申し込みOK
close