JCB CARD W

JCB CARD WはJCBが発行している「JCBオリジナルシリーズ」のクレジットカードです。18歳~39歳限定(高校生不可)のクレジットカードで、年会費無料、ポイント還元率が2倍などの特徴があります。

また、JCB CARD Wには最高2,000万円補償の海外旅行傷害保険が付帯しています。海外旅行中の病気やケガが補償されるので、海外旅行者にもおすすめのクレジットカードです。

JCB CARD Wは18歳~39歳限定カード

JCB CARD Wは18歳~39歳限定で申し込めるクレジットカードです。申し込み資格は「18歳~19歳で本人または配偶者に安定した収入がある方」もしくは「18歳~39歳で学生の方(高校生不可)」です。

年会費無料・発行手数料無料

JCB CARD Wは年会費無料・発行手数料無料なので、カードを作るのに費用は一切かかりません。

JCBオリジナルシリーズは年会費がかかるクレジットカードが多いですが、JCB CARD Wなら年会費無料でJCBカードを持つことができます。

ETCカードも年会費無料・発行手数料無料

JCB CARD WはETCカードも年会費無料・発行手数料無料です。ETCカードがあれば高速道路・有料道路の料金ゲート通過がスムーズになります。

また、JCB CARD WはETCカード利用料金に対してもポイントが付きます。高速道路・有料道路を利用する方もポイントを貯めやすいクレジットカードです。

ポイント還元率1%の高還元率カード

JCB CARD Wは1ヶ月間のカード利用料金1,000円ごとにOki Dokiポイントが2ポイント貯まります。Oki Dokiポイントは1ポイントあたり5円相当の価値があるので、カード利用料金1,000円で10円相当のポイント貯まる計算になります。

上記の計算通り、JCB CARD Wのポイント還元率は1%です。クレジットカードのポイント還元率は1%以上だとポイント高還元率と言われていて、JCB CARD Wはポイントを貯めやすいカードとなっています。

ネットショッピングでポイントアップ

JCB CARD WはJCBカード会員専用のポイント優待サイト「Oki Dokiランド」を利用できます。Oki Dokiランドを経由してインターネットショッピングすると、ポイント2倍~最大20倍貯まります。

Oki Dokiランドの参加ショップはAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのショッピングサイト、家電量販店や旅行会社、レストラン予約などがあります。インターネットショッピングだけではなく、普段の生活で利用しているサービスでもポイントを貯めやすいのが特徴です。

ポイント交換先

JCB CARD Wはポイント交換先が豊富です。電子マネー、ANAマイル、JALマイル、他社ポイント、スターバックスカードなどに交換できます。

ポイント交換先の代表例とポイント交換レート

ポイント交換先 ポイント交換レート
nanaco 1Oki Dokiポイント=5nanacoポイント
楽天Edy 1Oki Dokiポイント=3ポイント
WAONポイント 1Oki Dokiポイント=4WAONポイント
Pontaポイント 250Oki Dokiポイント=1,000Pontaポイント
楽天スーパーポイント 1Oki Dokiポイント=4楽天スーパーポイント
ANAマイル 1Oki Dokiポイント=3ANAマイル
JALマイル 1Oki Dokiポイント=3JALマイル
ビックカメラ(ビックポイント) 1Oki Dokiポイント=5ビックポイント
スターバックスカードのチャージ 1Oki Dokiポイント=4円分のスターバックスカードチャージ
カード利用料金のキャッシュバック 1Oki Dokiポイント=3円の利用料金キャッシュバック
商品に交換 商品カタログから交換先を選べる

nanacoポイント、Pontaポイント、ビックカメラポイントへの交換はポイント交換レートが高いのでおすすめです。また、ANAマイルやJALマイルは1マイルあたりの価値が2円~3円と言われているので、マイルを使って飛行機に乗れる「特典航空券」に交換できるならマイルへの交換もおすすめです。

海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯

JCB CARD Wは海外旅行傷害保険が最高2,000万円付帯しています。補償内容と補償金額は下記の通りです。

補償内容 補償金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 最高100万円(1旅行中20万円限度)
救援者費用等 最高100万円

Apple Payに対応

JCB CARD WはiPhoneの決済サービスApple Payに対応しています。Apple PayにJCB CARD Wを登録しておけば、Apple Payの支払いに対応しているコンビニやスーパーなどで、iPhoneをレジにかざすだけで支払いが完了します。

また、Apple Payの支払いでもJCB CARD Wのポイントは貯まるので、スマートフォン決済でもポイントを貯めやすいです。

電子マネー「QUICPay」を利用できる

JCB CARD Wは電子マネー「QUICPay」を利用できます。QUICPayは後払い型の電子マネーなのでチャージ不要なのが特徴です。

QUICPayはAndroidのスマートフォンで使える「Google Pay」にJCB CARD Wを登録することで利用できます。もしくは、カード型の「QUICPayカード」を追加カードとして発行することで、実際のお店でQUICPayカードをレジにかざして支払いできます。

また、QUICPayの支払いでもJCB CARD Wのポイントは貯まります。

約3,000万のJCB加盟店で支払いできる

国際ブランドJCBの決済に対応している加盟店は、国内・海外で約3,000万店舗です。JCBは日本発祥の国際ブランドなので、特に国内はJCB加盟店が多いです。

もちろん、「国際ブランド」というだけあって、海外でもJCBの加盟店数は多いです。JCB CARD Wは海外旅行傷害保険も付いているので、海外旅行に行く方にもおすすめの1枚となっています。