学生でも海外キャッシングできる!申し込み方法や金利手数料を解説

海外キャッシングとは、海外ATMで現地通貨を引き出せるクレジットカードの機能です。直接ATMから現地通貨を引き出せるので両替の手間がかからず、空港や銀行で両替するよりも手数料が安いです。

海外キャッシングは学生でも利用できますが、キャッシング枠つきのクレジットカードが必要です。また、学生がキャッシング枠つきのクレジットカードを作るには、学生本人のアルバイト収入が必要です。(アルバイト収入がない学生でも海外キャッシングする方法はあります)

ここでは、学生が海外キャッシングを申し込む方法や、海外キャッシングの金利手数料を解説します。

学生でも海外キャッシングできる

18歳以上の大学生・短大生・専門学校生などの学生の方は、海外キャッシングを利用できます。18歳でも高校生はクレジットカードを作れないので、海外キャッシングできません。

学生の種別 海外キャッシングの利用
大学生・短大生・専門学校生など 海外キャッシングできる
高校生 海外キャッシングできない

未成年(18歳~19歳)の学生の方は、クレジットカードを作るとき親の同意が必要です。20歳以上の学生の方は、親の同意がなくてもクレジットカードを作れます。

海外キャッシングするにはキャッシング枠が必要

クレジットカードの海外キャッシング機能を使って海外ATMで現地通貨を引き出すには、キャッシング枠(キャッシング利用枠)が必要です。クレジットカードに設定されたキャッシング枠の金額を上限として、現地通貨の引き出しが可能です。

  • キャッシング枠:国内・海外ATMで現金(現地通貨)を引き出せる金額の上限
  • ショッピング枠:国内・海外でクレジットカード支払いできる金額の上限

海外キャッシングで借りたお金を返済すれば、残っているキャッシング枠に応じて何度でもキャッシングできます。たとえば、キャッシング枠10万円のクレジットカードで7万円を引き出したら残り3万円が引き出し可能ですが、借りた7万円を返済すれば再度10万円まで引き出し可能になります。

キャッシング枠つきクレジットカードを申し込む

クレジットカード申し込みと同時にキャッシング枠を申し込みできます。クレジットカードの申し込み画面で「キャッシング枠を希望する」を選択して、希望金額を入力すれば申し込み完了です。

クレジットカードのキャッシング申し込み条件によっては「キャッシングは20歳以上から」「学生は申し込み不可」となっている場合もあるので、キャッシングの申し込み条件を確認してから申し込みましょう。

キャッシング枠だけ追加で申し込む

すでにクレジットカードを持っている場合、キャッシング枠だけ追加で申し込みできます。クレジットカードの会員専用サイトにログインして「キャッシング枠の申し込み」を選択して、希望金額を入力すれば申し込み完了です。

海外に行くならクレジットカードは複数枚持って行った方が安心なので、キャッシング枠だけ追加で申し込むよりも、新しくクレジットカードをキャッシング枠つきで申し込む方がおすすめです。

海外キャッシングを使うならREXカードがおすすめ

キャッシング枠つきのクレジットカードを作るならREXカードがおすすめです。REXカードは20歳以上で本人収入があれば学生でもキャッシング申し込み可能です。

また、海外旅行中の事故で補償される海外旅行傷害保険が最高2,000万円(自動付帯)ついています。海外旅行中にケガや病気があっても、傷害治療費用と疾病治療費用が最高200万円補償なので安心です。

REXカードの海外旅行傷害保険は家族カードにも自動的に適用されるため、ご両親に家族カードを作ってもらう場合にもREXカードがおすすめです。

REXカード
REXカード

  • 20歳以上なら海外キャッシング可能
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償
  • 家族カードにも自動で海外旅行傷害保険が適用
  • 年会費無料・発行手数料無料

キャッシング枠を申し込むにはアルバイト収入が必要

学生がキャッシング枠を申し込むには、学生本人のアルバイト収入が必要です。キャッシング枠は総量規制という法律で「年収の3分の1まで」と決まっているため、本人収入がない学生にはキャッシング枠をつけられないからです。

仮にアルバイトをしていて年収30万円なら、年収の3分の1である10万円までキャッシング枠をつけられます。

アルバイト収入がない学生は家族カードで海外キャッシングできる

アルバイト収入がない学生の方は、ご両親に頼んで「家族カード」を発行することでキャッシング枠つきのクレジットカードを作れます。家族カードとは、自分の家族に対して同じ機能を持ったクレジットカードを発行できるサービスです。

ご両親にキャッシング枠つきのクレジットカードを申し込んでもらって、家族カードを発行してもらえばアルバイトをしていない学生でも海外キャッシング機能を使えます。

キャッシング枠つきの家族カードの作り方

  1. クレジットカードの申し込みページを開く
  2. 基本情報を入力する(ご両親の申し込みなのでご両親の情報を入力)
  3. 「キャッシング枠を希望する」を選択
  4. 「家族カードを申し込む」を選択
  5. 申し込みが完了
  6. クレジットカードの入会審査を待つ
  7. 審査結果メールが届く
  8. キャッシング枠つきのクレジットカードと家族カードが郵送で届く

家族カードは、親の収入を元に審査されるのでキャッシングとショッピングの利用限度額が高くなる、入会審査に通りやすいというメリットもあります。

学生の海外キャッシング利用限度額

クレジットカードのキャッシング枠は、必ずキャッシング利用限度額が決まっています。学生がキャッシング枠を申し込むと、キャッシング利用限度額は10万円程度となります。

クレジットカードを何年も使っていると信用力が高まって、キャッシング利用限度額を増枠できます。キャッシング枠が足りない場合は、クレジットカードを長期間利用してから増枠を申し込みましょう。

クレジットカードのショッピング枠は一時的に利用限度額を引き上げる「一時増枠(増額)」ができますが、キャッシング枠は一時増枠のサービスがありません。「すぐにキャッシング枠を増やしたい」という場合は、ご両親にキャッシング枠つきの家族カードを作ってもらいましょう。

海外キャッシングは金利手数料がかかる

海外キャッシングは借りた金額と期間に応じて金利手数料がかかります。クレジットカードの海外キャッシング金利手数料は実質年率18.0%に設定されていることがほとんどです。

実質年率18.0%でどれくらいの利息がかかるか計算してみましょう。海外キャッシングで現地通貨10万円を引き出して、翌月一括払いで返済した場合の利息は1,479円となり、元本(借りた金額)と合計すると101,479円となります。

実質年率18.0%で10万円を引き出して翌月一括払いした場合

  • 海外キャッシングで引き出した金額:100,000円
  • 実質年率:18.0%
  • 利息:1,479円
  • 返済金額の合計:101,479円

繰り上げ返済で金利手数料を安くできる

海外キャッシングで借りたお金は、銀行やコンビニATMで繰り上げ返済できます。繰り上げ返済とは、借りたお金を予定よりも早く返済できるサービスです。

海外キャッシングはお金を借りていた期間に応じて金利手数料が発生するため、早く返済すれば金利手数料は安くなります。

1週間程度の海外旅行なら帰国したタイミングに返済する、長期留学なら日本にいるご両親に繰り上げ返済してもらうことで、金利手数料を安く済ませることができます。

銀行や空港の両替よりも海外キャッシングの手数料は安い

海外の現地通貨(ドル、ユーロ、ウォンなど)を手に入れる手段として、銀行や空港で両替する「現金両替」があります。現金両替は「為替手数料」と「両替手数料」という2種類の手数料がかかります。

  • 為替手数料:為替レートに応じてかかる為替手数料
  • 両替手数料:両替する度に発生する取引手数料

為替手数料と両替手数料は旅行先の国や時期によって手数料が異なりますが、10万円を両替したとすると3,000円~5,000円の手数料が発生します。海外キャッシングは10万円借りて翌月一括払いなら手数料は1,479円なので、海外キャッシングの方が手数料や安いです。

海外キャッシングと現金両替の手数料比較(10万円借りた場合)

  • 海外キャッシングの手数料:1,479円
  • 現金両替の手数料:3,000円~5,000円

海外キャッシングと現金両替の比較については海外キャッシングは現金両替よりも手数料が安いのページで詳しく解説しています。

REXカード
REXカード

  • 20歳以上なら海外キャッシング可能
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償
  • 家族カードにも自動で海外旅行傷害保険が適用
  • 年会費無料・発行手数料無料