学生が2枚目のクレジットカードを選ぶ基準・2枚目のカードを作るメリットを解説

「クレジットカードは2枚以上持っておくべき?」「どういう基準で2枚目のカードを選べば良い?」など、2枚目のカード選びで迷っている学生の方は多いと思います。

ここでは、2枚目のクレジットカードを選ぶ基準、2枚目のクレジットカードを作るメリット、2枚目のクレジットカードを申し込むタイミングを解説します。

2枚目のクレジットカードを選ぶ基準

2枚目のクレジットカードを選ぶ基準を解説します。

年会費無料カードを選ぶ

学生の方は自由に使えるお金が少ない方も多いと思うので、年会費無料のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。年会費無料カードと年会費有料カードは基本的なカード機能はほとんど変わらず、ポイントや割引特典も年会費無料カードは十分優秀だからです。

特に2枚目のクレジットカードを予備のカード(サブカード)として使う場合、カード利用頻度は少ないです。年会費有料カードを選ぶと、あまり使わないカードなのに年会費がかかってしまう状態になるため、年会費無料カードを選ぶと良いでしょう。。

特典を活用できるなら年会費有料カードもあり

年会費有料カードは「特定のお店でポイントが貯まりやすい」「マイルが貯まりやすい」「海外旅行傷害保険が付いている」など、一部の利用者にとってはメリットがある特典が付いています。

上記のような特典を有効活用できるなら年会費有料カードを選ぶのもありです。年会費有料カードを作る場合は、年会費以上にお得な特典が付いているか考えた上でカードを申し込みましょう。

よく利用するお店でポイント還元や割引特典があるカードを選ぶ

2枚目のクレジットカードは自分がよく利用するお店でポイント還元率が高いカードや、割引特典があるカードを選びましょう。

たとえば、イオンにお買い物に行くならイオンカード、楽天市場でお買い物するなら楽天カードなどです。特定のお店で特典があるカードは、通常ポイント還元率以上にお得な特典が付いています。(イオンカードならイオンで20日・30日に5%割引など)

1枚目のカードのポイント還元率が0.5%の場合

クレジットカードのポイント還元率は0.5%なら低め、ポイント還元率1%以上なら高いです。現在持っている1枚目のクレジットカードのポイント還元率が0.5%の場合、2枚目のクレジットカードはポイント還元率が高いカードを選びましょう。

この場合、2枚目として作るクレジットカードをメインカード(普段使いのカード)として使って、1枚目のクレジットカードはサブカード(特定のお店でのみ使うカード)として使い分けましょう。

1枚目とは違う国際ブランドを選ぶ

クレジットカード1枚に対して国際ブランドは1つしか付けられません。複数の国際ブランドカードを持っていれば支払いができるお店やネットショッピングサイトが多くなり、カード支払いしやすくなります。

そのため、1枚目のクレジットカードがVISAなら2枚目はJCB、1枚目のクレジットカードがJCBなら2枚目はVISAのように、1枚目とは違う国際ブランドを選ぶのがおすすめです。

2枚目カードの国際ブランドは日本国内で加盟店数が多い「VISA」「JCB」「Mastercard」のいずれかがおすすめです。

1枚目と2枚目で同じ国際ブランドを選ぶのもあり

1枚目と2枚目で同じ国際ブランドのクレジットカードを作りたいという方もいると思います。同じ種類の国際ブランドで作れる枚数の制限はないので、同じ国際ブランドで2枚目のカードを作っても良いです。

また、クレジットカードによっては特定の国際ブランドしか選べない場合もあります。自分が2枚目として作りたいカードが1枚目と同じ国際ブランドしか選べなかった場合でも、自分に合った特典があるカードなら国際ブランドを気にせずに申し込んでも良いでしょう。

海外に行くなら海外旅行傷害保険つきカードを選ぶ

クレジットカードによっては、海外旅行中のケガや病気があった場合に保険料が支払われる海外旅行傷害保険が付いています。海外旅行に行くなら海外旅行傷害保険は必須と言われていて、クレジットカードに海外旅行傷害保険が付いていれば旅行会社の保険に加入する必要がなくなります。

クレジットカードの海外旅行傷害保険は無料で、保険加入の面倒な手続きなどはありません。通常、旅行会社の海外旅行保険に加入すると1週間の旅行で2,000円~5,000円ほどかかりますが、海外旅行傷害保険つきクレジットカードを持っていれば保険費用を節約できます。

また、1枚目のクレジットカードと2枚目クレジットカードの海外旅行傷害保険は、補償金額を一部合算できます。すでに海外旅行傷害保険つきクレジットカードを持っている場合でも、海外旅行に行くなら2枚目も海外旅行傷害保険つきクレジットカードをを選ぶのがおすすめです。

海外旅行傷害保険つきのクレジットカードの選び方については「学生が海外旅行保険つきカードを作る際に必要な補償金額・選び方」のページで詳しく解説しています。

学生専用カード以外のカードを選ぶ

2枚目のクレジットカードを作ろうとしている学生の方は、すでに大学2年生~4年生、専門学校2年生以上の方が多いと思います。卒業まであと1年~2年程度なのであれば、学生の間しか使えない学生専用カードよりも、一般カードの方がおすすめです。

一般カードなら学校を卒業してもカード切り替え・カード番号などの切り替わりがないので、卒業後もそのまま使えます。学生専用カードは卒業後に一般カードに切り替わってしまうので、新しく更新されたカードの受け取りの手間がかかり、カード番号も新しくなります。カード番号が変わるとカードの定期的な支払い(光熱費、動画配信サービス、スマートフォン決済など)の登録変更をしなければいけないので、学生の方でも一般カードを作ると良いでしょう。

2枚目のクレジットカードを作るメリット

2枚目のクレジットカードを作るメリットを解説します。

カード利用限度額の合計が増える

学生のクレジットカードの利用限度額(ショッピング枠)は10万円~30万円に設定されるのが一般的で、毎月カード支払いできる金額が少ないです。しかし、2枚目のクレジットカードを持っていれば、1枚目+2枚目のカード2枚分の利用限度額を使えるので、支払いを後回しにしたいときに便利です。

決済エラーになっても2枚目のカードで支払いできる

クレジットカードはお店で支払いするとき決済エラーになることが稀にあります。クレジットカードを1枚しか持っていないと決済エラーになったとき現金払いするしかありませんが、クレジットカードを2枚持っていれば2枚目のカードで支払いができます。

特に、海外では日本製のクレジットカードで支払ったとき決済エラーになる確率が高いので、海外に行くなら2枚~3枚のクレジットカードは必須です。

2枚目のクレジットカードは審査に通りやすい

クレジットカードの入会審査では、過去のクレジットカード利用履歴(信用情報)を調査して申込者の信用力を審査しています。2枚目のクレジットカード申し込みでは、過去のクレジットカード利用履歴があるので信用情報が蓄積されていて審査に通りやすいです。

また、学生の方は審査に通りやすい属性(職業)です。

ただし、過去にクレジットカード料金の返済が2ヶ月以上遅れた長期延滞の履歴があると、信用情報に傷がついています。2枚目のクレジットカードで審査に通らなかった場合は、過去の返済延滞が原因だと考えて良いでしょう。学生がクレジットカードの審査に落ちる原因については「学生がクレジットカード審査に落ちる原因は過去の返済延滞」のページで詳しく解説しています。

2枚目のクレジットカードを申し込むタイミング

2枚目のクレジットカードを申し込むタイミングは、1枚目を申し込みしてから6ヶ月以上経過してから申し込むのがおすすめです。クレジットカードの申し込み履歴は個人信用情報機関に6ヶ月間「申し込み情報」が残っているため、6ヶ月以上の期間をあけて2枚目のカードを申し込むと審査に通りやすいです。

6ヶ月以内に2枚目のクレジットカードを申し込むとカード会社に「入会キャンペーンのポイント目的なのでは?」「クレジットカードを発行しても使ってくれないのでは?」と思われる可能性があり、少し審査に通りにくくなります。

1ヶ月以内・6ヶ月以内に2枚目のカードを申し込んでもいい?

2枚目のクレジットカードは6ヶ月以上の期間をあけて申し込むのがベストなタイミングですが、1ヶ月以内・6ヶ月以内など短期間に2枚目のクレジットカードを申し込んでも問題ないです。なぜなら、「賃貸マンションやアパートの契約」や「銀行口座と同時にクレジットカード発行」など、短期間の間にクレジットカードの申し込みが必要になるケースがあるからです。

カード会社は上記のように、短期間にクレジットカードが必要になる場合があることを理解しています。多少カード入会審査に通りにくくなるとはいえ、6ヶ月以内に2枚~3枚程度のクレジットカード申し込みであれば、問題なく審査に通る可能性が高いです。

学生の2枚目におすすめのクレジットカード

学生の2枚目におすすめのクレジットカードを紹介します。

REXカード

REXカード
REXカード

  • ポイント還元率1.25%の高還元率カード
  • 年会費無料・発行手数料無料
  • 学生の申し込みOK(アルバイト収入不要)
  • 1枚目・2枚目のメインカードにおすすめ

REXカードは年会費無料でポイント還元率1.25%のポイント高還元率クレジットカードです。どんなお店で支払ってもポイント還元率1.25%なので、メインカードとして使い勝手が良いです。現在持っているクレジットカードのポイント還元率が低い(0.5%程度)なら、2枚目のクレジットカードはポイント高還元率なREXカードをおすすめします。

申し込み資格は「18歳以上(高校生不可)」となっているので、大学生や専門学校生でも申し込みできます。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

  • イオングループで毎月20日・30日は5%割引
  • イオングループでいつでもポイント2倍
  • 学生でも申し込みOK(アルバイト収入不要)
  • 年会費無料・発行手数料無料

イオンカードセレクトは、イオンのお買い物でお得になる特典が付いている年会費無料カードです。「イオングループで毎月20日・30日は5%割引」「イオンでいつでもポイント2倍(還元率1%)」「イオンシネマで映画料金がいつでも300円割引」など、近くにイオンがあるなら絶対に持っておきたいクレジットカードです。

すでに持っているクレジットカードのポイント還元率が高い(1%程度)なら、2枚目のカードは特定のお店で特典が多いカードを作りましょう。