高齢者のクレジットカード審査

高齢者になると収入が減ったり年金受給が始まったりしてクレジットカードの審査に通りにくくなります。しかし、高齢者向けのクレジットカードを発行しているカード会社もあり、高齢者でもクレジットカードを作ることは可能です。

ここでは、高齢者や年金受給者の方がクレジットカードを申し込んだ場合の審査について解説し、高齢者向けクレジットカードを紹介します。

クレジットカードを申し込める年齢の上限

クレジットカードを申し込める年齢の上限は法律などで決まっていません。そのため、カード会社がカード発行可能と判断すれば高齢者でもクレジットカードを作れます。ただし、一部のカード会社は申し込み資格に年齢制限を設けており、年齢制限を超えてしまうと申し込み不可となります。

  • 年齢の上限がないクレジットカード:高齢者でも申し込み可能
  • 年齢の上限があるクレジットカード:高齢者は申し込み不可

多くのカード会社は「18歳以上なら申し込み可能」としていますが、それに加えて「65歳未満の方」のように年齢上限の条件が設定されている場合があります。年齢上限を超えてしまう高齢者の方は審査に通りません。

定年退職・年金受給がある65歳が1つの区切り

定年退職や年金受給がある65歳がクレジットカード審査における1つの区切りです。65歳からは一般的に仕事による収入がなくなり、年金受給が始まります。クレジットカードの審査では年金も収入として判断されますが、年金は仕事による収入よりも少なくなる場合がほとんどなので審査で不利になります。

65歳~74歳は前期高齢者、75歳以上は後期高齢者と呼ばれますが、後期高齢者になると更にクレジットカード審査は厳しくなります。後期高齢者になると病気で入院する確率が高くなり、金銭的に生活が厳しくなることが予想されるからです。

高齢者はカード更新審査に通らない可能性がある

クレジットカードの表面に記載されているカード有効期限が切れると更新審査が行われます。カード更新審査では入会審査と同じようにクレジットカード所持者に返済能力があるかカード会社が審査を行います。カード会社が定めている年齢上限を超えてしまったり、返済能力が低いと判断されてしまったりすると更新審査落ちとなり、新しいクレジットカードは発行されません。

高齢者・年金受給者でも作れるクレジットカードはある

65歳以上になるとクレジットカード審査は厳しくなりますが、高齢者や年金受給者でも作れるクレジットカードは存在します。カード会員数が増えればクレジットカードの利用率は高まり、カード会社は利益を得られる可能性が高いからです。申し込み時の職業欄で「年金受給者の方」を選択できるクレジットカードは、年金受給者からの申し込みでもきちんと審査を行ってくれます。

高齢者がクレジットカード審査に通りにくい理由

高齢者がクレジットカード審査に通りにくい理由を解説します。

収入が少ない

高齢者になると会社を退職して仕事による収入がなくなります。多くの方は年金受給による収入がありますが、毎月の厚生年金受給額の平均は男性で約18万円、女性で約9万円となっていて会社務めと比較して収入が少なくなる場合がほとんどです。クレジットカード審査は収入が多いほど審査に通りやすいため、収入が少ない高齢者は審査で不利になります。

しかし、クレジットカード審査では収入以外に「持ち家があるか」「預金があるか」「今までのクレジットカード利用履歴はあるか」などを総合的に判断されます。収入が少なくなったからと言って、審査に必ず落ちるわけではありません。

クレジットカードをあまり利用してくれない

高齢者になると高額な買い物、海外旅行による出費などの機会が少なくなります。出費が少ないということはクレジットカードの利用機会が少ないということなので、カード会社はクレジットカード発行に前向きではありません。

しかし、普段から利用するスーパーやコンビニなどが発行しているクレジットカードは高齢者の方でもお店を利用してくれるため、審査で問題がなければカード発行されます。普段から利用するお店が発行しているクレジットカードであれば高齢者の方でも審査通過できる可能性は高くなります。

急に返済能力が低くなる可能性がある

高齢者の方は病気による入院などで急に返済能力が低くなる可能性があります。生活が苦しくなるとクレジットカード料金の返済にも影響が出るため、高齢者の方の審査では急な支払いが必要になったときにでもクレジットカード料金を返済できるだけの返済能力が求められます。

イオンカードは年金受給者でも申し込みできる

イオンカードは申し込み時の職業欄で「年金受給者の方」を選択できるクレジットカードなので、高齢者の方でも申し込み可能です。また、イオンカードは55歳以上の方限定で作れるイオンカード(G.Gマーク付)という高齢者向けクレジットカードを発行しています。高齢者向けのクレジットカードを発行しているということは、高齢者の方でもイオンカードの審査に通る可能性はあるということです。

高齢者の方・年金受給者の方はイオンカードを申し込んでみましょう。高齢者のイオンカード審査については「イオンカードは65歳以上でも作れる」のページで詳しく解説しています。