iPhoneでWAONポイント確認できる?WAONをApple Payに登録できる?

イオンの店頭で作れる「WAONポイントカード」や「WAONカードプラス」はiPhoneでポイント確認できません。また、WAONカードをApple Payに登録しておサイフケータイとして利用することもできません。

iPhoneに対応していないWAONカード

  • WAONポイントカード
  • WAONカードプラス
  • JMB WAONカード(JAL)
  • その他、クレジット機能なしのWAON

ただし、WAONを搭載しているイオンカードセレクトやイオンカード(WAON一体型)なら、WAONオートチャージやApple Payに対応しています。ここでは、iPhoneでWAONやApple Payを利用できない理由を解説して、iPhoneでWAONチャージする方法やApple Payを使う方法を紹介します。

WAONはiPhoneで使えない

WAONカードはiPhoneでWAONポイントを確認したり、WAONチャージしたりできません。WAONは電子マネーカードなので、iPhoneからWAONカードの情報を読み取れないからです。Androidの場合はおサイフケータイの機能があるので、モバイルWAONのアプリでWAONポイント確認やチャージができます。

  • iPhone:おサイフケータイ機能がないのでポイント確認やチャージ不可
  • Android:おサイフケータイ機能があるのでポイント確認やチャージ可能

また、iPhoneにはAndroidのおサイフケータイに似た機能としてApple Payがありますが、WAONカードはApple Payに登録して利用することもできません。Apple Payに登録できるのはクレジットカードのみで、WAON、Suica、nanacoなどの電子マネーはApple Payに対応していません。

WAONカードでできないこと

  • iPhoneでWAONチャージ残高やポイントの確認
  • iPhoneでWAONポイント移行
  • iPhoneでWAONポイント交換
  • iPhoneでWAONを利用したApple Pay(おサイフケータイ)
  • iPhoneでWAONチャージ
  • iPhoneでWAONオートチャージ

iPhone向けの「WAONステーションアプリ」というアプリがありますが、アプリを使ってもWAONのポイント確認や電子マネー残高確認ができません。これはWAONカードの情報を読み取るのに「パソリ」という特殊な機械が必要だからです。

パソリという機械があればWAONをiPhoneで使える

パソリ(RC-S390)とは、WAONカードなどの電子マネーカードの情報を読み取る機械(カードリーダー)です。パソリにWAONカードをタッチするとWAON情報が読み取れるので、ポイント確認やチャージができます。

しかし、パソリは約4,000円の値段で売られています。WAONをiPhoneで利用するだけで4,000円もかかってしまうのは現実的ではありません。そのため、iPhoneでWAONを利用したい場合にはイオンカードを使うのが一般的です。イオンカードをWAONに登録する方法は後ほど説明します。

iPhoneユーザーがWAONチャージやポイント確認する方法

iPhoneユーザーがWAONチャージやポイント確認するには、WAONを利用したレシートで確認するか、イオン店舗にあるWAONステーションを利用します。WAONステーションはWAONカードをタッチすることで、WAON利用履歴確認・ポイント確認・WAONチャージができます。

iPhoneユーザーがWAONチャージやポイントを確認する方法

  • WAONを利用したレシートで確認
  • イオン店舗のWAONステーションで確認
  • イオン銀行ATMで確認
  • WAON一体型のイオンカードを作る

上記のように、iPhoneユーザーはWAONカードを持っていても、iPhoneやインターネット上でポイント確認やチャージを行うことができません。

イオンカードならWAONチャージやApple Payを使える

WAONはApple Payに登録できない。イオンカードはApple Payに登録できる

イオンカードはイオンのクレジットカードです。イオンカードセレクトやイオンカード(WAON一体型)にはWAON機能が搭載されています。イオンカードならWAONのオートチャージやクレジットチャージに対応していて、Apple Payに登録しておサイフケータイとして使うことも可能です。

イオンカードでできること

  • Apple Payの利用
  • WAONのオートチャージ
  • WAONのクレジットチャージ

イオンカードならWAON残高が少なくなっても自動的にチャージできるので、残高確認の必要がないです。オートチャージが行われる金額はWAONステーションを操作して自分で設定できるので、必要以上にチャージされる心配もありません。

イオンカードでApple Payを利用する場合、イオンカードを支払いに登録することになるため、支払いで貯まるポイントはWAONポイントではなくイオンカードのときめきポイントです。Apple Payの支払いでも、WAONカードと同じようにポイントが200円ごとに1ポイント貯まります。更にイオンならいつでもポイント2倍なので、イオングループの支払いなら200円ごとに2ポイント貯まります。

WAON機能が搭載されているイオンカード

  • イオンカードセレクト
  • イオンカード(WAON一体型)

イオンカードセレクトは「イオンカード」「WAON」「イオン銀行キャッシュカード」の3つの機能が搭載されたカードで、イオンカードの中で最も一般的なカードです。

イオンカード(WAON一体型)は「イオンカード」「WAON」の機能が搭載されたカードで、イオン銀行キャッシュカード機能はありません。イオン銀行を利用しないならイオンカード(WAON一体型)を選びましょう。

どちらのイオンカードを選んでも、WAONのオートチャージ機能やApple Payを利用可能です。iPhoneユーザーでWAONを利用するならイオンカードを作りましょう。イオンカードでApple Payを利用する方法は「イオンカードはApple Payを使えてポイントも貯まる」のページで解説しています。