UCSカードの審査基準・審査に落ちる理由を解説

UCSカードは18歳以上なら申し込み可能学生や専業主婦でも作れるクレジットカードです。収入がない専業主婦でも作れるクレジットカードなので、申し込み資格には年収・収入の条件に関する記載はありません。

審査項目 UCSカードの審査
年齢 18歳以上(高校生不可)
職業 学生や専業主婦でも申し込み可能
年収・収入 申し込み資格に年収条件の記載なし
審査期間 1週間~1ヶ月
在籍確認 電話がかかってくる可能性あり

ここでは、UCSカードの審査基準や審査に落ちる理由などを解説します。

UCSカードの申し込み資格

UCSカードの申し込み資格

UCSカードの申し込み資格は下記の3点です。18歳以上であれば、大学生や専門学校生でも申し込み可能です。安定した収入のある方と記載がありますが、申し込み画面の職業欄には「専業主婦」の選択項目があるため、本人収入がない専業主婦でも申し込みできます。

  • 18歳以上(高校生不可)
  • 安定した収入のある方
  • 電話連絡可能な方

UCSカードの審査通過率は?

UCSカードの明確な審査通過率はわかりません。しかし、UCSカードはスーパーでお得になる「流通系クレジットカード」で、幅広い層が申し込めます。審査が厳しいと言われる銀行系クレジットカードやゴールドカードの審査通過率は50%以下のカードもあります。審査が厳しいカードは申し込み資格に年収制限があることもあり、幅広い層が申し込める流通系クレジットカードの方が審査に通りやすいと一般的に言われています。

UCSカードの審査は甘い?

UCSカードの審査が甘いという口コミがありますが、UCSカードは「誰でも審査に通る」「無職でも審査に通る」というわけではありません。UCSカードの申し込み資格に「安定した収入がある方」と記載されていることから、カード申込者の返済能力をしっかり調査してカード発行されている可能性が高いです。

審査が甘いというよりも、専業主婦や学生でも作れるという意味で「UCSカードは幅広い層が申し込めるクレジットカード」というのが正しいでしょう。

UCSカードの落ちる理由

UCSカードの落ちる理由を解説します。

過去にクレジットカード料金の延滞がある

過去にクレジットカード料金の延滞があった方はUCSカードの審査に落ちやすいです。クレジットカード料金の返済・ローンの返済の情報は「信用情報(クレジットヒストリー・クレヒス)」と呼ばれ、「個人信用情報機関」という機関に記録されています。

UCSカードは「CIC(指定信用情報機関)」と「JICC(日本信用情報機構)」の個人信用情報機関に加盟しています。CIC、JICCの信用情報は5年間記録されているので、過去5年以内にクレジットカード料金の延滞があるとUCSカードの審査に落ちやすいです。

UCSカードが加盟している個人信用情報機関

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)

クレジットカードやローン料金の返済延滞は個人信用情報機関に「異動情報(ブラックリスト)」として記録されます。異動情報が記録されていると、UCSカードに限らずその他のクレジットカード審査にも通りにくいです。

収入・年収が少ない

UCSカードを申し込むには安定した収入が必要なので、収入・年収が少ない方はUCSカードの審査に落ちやすいです。一般的にクレジットカードの審査通過するための年収目安は120万円~200万円と言われています。

主婦の方、学生の方の申し込みであれば、普通に生活できるだけの世帯収入が必要となります。会社員の方、フリーターの方であれば、家族が暮らせるだけの収入があるか審査で判断されます。

クレジットカードの多重申し込み

同時にクレジットカードを複数枚申し込む「多重申し込み」があるとUCSカードの審査に落ちやすいです。クレジットカードの申し込み履歴は「個人信用情報機関」に記録されているので、UCSカードがCICやJICCを照会した際に申込者が何枚クレジットカードを申し込んでいるか確認できます。

また、短期間にクレジットカードを申し込むのもUCSカードの審査に落ちる原因になります。6ヶ月以内に申し込むクレジットカードの枚数は3枚以内にしておきましょう。

キャッシング枠を申し込んだ

お金を借りられる「キャッシング枠」を申し込むとUCSカードの審査に落ちやすいです。クレジットカードの審査ではキャッシングを申し込むと収入証明書が必要になったり、通常よりも審査基準が厳しくなったりするからです。

また、「総量規制」という法律により「キャッシング枠は年収の3分の1まで」と決まっています。本人収入がない学生、専業主婦の方はキャッシング枠を申し込めません。

UCSカードの審査に通りやすい人

UCSカードの審査に通りやすい人を解説します。

愛知県や東海地方に住んでいる方

UCSカードは愛知県や東海地方を中心に展開するスーパー「アピタ」「ピアゴ」でお得になるクレジットカードです。愛知県や東海地方に住んでいる方にUCSカードを発行すれば、アピタ・ピアゴを利用してくれるとカード会社は考えるため、愛知県や東海地方に住んでいる方はUCSカードの審査に通りやすいです。

また、東京・関東にもアピタ・ピアゴの店舗はあるので、関東の方もUCSカードの審査で優遇される可能性はあります。

インターネットから申し込んだ方

インターネットから申し込むと記入ミスが少なくなるため、UCSカードの審査に通りやすくなります。また、申込書でUCSカードを申し込むと、カード会社がコンピューターに情報入力する際のミスが発生する可能性もあるため、インターネットから申し込んだほうが良いです。

職業ごとのUCSカード審査

職業ごとのUCSカード審査について解説します。

専業主婦・パート主婦

UCSカードは専業主婦でも申し込み可能

専業主婦・パート主婦の方は配偶者(旦那さま)の収入があるため、UCSカードの審査に通りやすいです。UCSカードは申し込み資格に「安定した収入が必要」と記載されている通り、収入があって返済能力がある方に対してカード発行されます。

専業主婦の方は、ご自身が働かなくても旦那さまの収入で生活できるだけ経済的に余裕があるとカード会社に判断されます。

パート主婦の方は、ご自身の収入と旦那さまの収入を足した「世帯収入」を基準に審査が行われるので、未婚の方に比べて収入が多くなり審査で有利になります。

学生

UCSカードは学生でも申し込み可能

大学生や専門学校生の方は、UCSカードを使い続けてくれる可能性があるのでクレジットカードの審査に通りやすいです。一般的に、カード会社は将来的な顧客を確保するため学生に対するカード発行審査を優遇しています。

学生でアルバイト収入がない方でもUCSカードは申し込めます。学生からの申し込みの場合、カード会社は同一生計家族の人数や世帯主(ご両親)との関係などを元に審査を行います。学生の方はご両親の扶養があって生活していると判断されるので、問題なく申し込みできます。

学生でアルバイトの収入があると、UCSカードの審査に通りやすくなります。UCSカードは職業を「学生」と選択した上で、「本人年収」の欄にアルバイト収入を記入できるため、アルバイト収入がない学生よりも多少審査で有利になります。

アルバイト・フリーター

アルバイト・フリーターの方はクレジットカードに審査に通りにくいです。正社員の方と比べると収入が安定しておらず、基本的には年収も少ないためです。

フリーターの方がUCSカードを申し込むとき、職業欄に「フリーター・アルバイト」の選択肢はありません。そのため「お勤めの方」を選択してアルバイトの年収を記入することになりますが、年収が少ないと審査に通りにくいです。

ただし、実家暮らしの方で「年収が少なくても生活に困らない」とカード会社に判断されれば、フリーターの方でも審査に通る可能性は十分にあります。

会社員・公務員

会社員・公務員の方はクレジットカードの審査に通りやすい属性です。正社員のクレジットカード申し込みでは、安定した収入があり返済能力が高いと判断されるからです。

過去のクレジットカードの返済延滞履歴や借金などがなければ、UCSカードの審査で心配する必要はないでしょう。

自営業者・個人事業主

自営業者の方はクレジットカードに審査に通りにくいです。自営業者は会社員の方よりも収入が安定していないと見なされるからです。

自営業者の方はUCSカードの申し込み時に職業欄は「お勤めの方」を選択します。しかし、勤務先が自宅だったりお店だったりすると自営業者だということがわかるので、それなりに安定した収入がないと審査に通りにくいです。

無職

UCSカードは職業欄に「無職」の選択項目がないので、申し込んでみなければ審査に通るかわかりません。転職先が決まっていたり、学校を卒業して入社前の期間だったりする場合は審査に通る可能性は上がります。

UCSカードの在籍確認・本人確認

UCSカードを申し込むと、カード申込者の勤務先に電話がかかってくる「在籍確認」が行われる可能性があります。在籍確認では、申込者が申し込み時に記入した職場で本当に務めているか確認する作業です。

また、カード申込者の自宅や携帯電話に電話がかかってくる「本人確認」も行われる可能性があります。本人確認は自宅や携帯電話の番号が間違っていないか確認する作業です。

  • 在籍確認:勤務先に電話すること
  • 本人確認:自宅や携帯電話に電話すること

UCSカードの審査では在籍確認や本人確認の電話連絡がない場合もあります。ただし、電話に出られないと審査に通らなくなる可能性があるので、知らない番号から電話があっても電話に出るようにしましょう。

UCSのカードの審査期間・審査時間

UCSカードの審査期間は1週間~1ヶ月程度です。審査結果の連絡は、申し込み時に登録したメールアドレスに「審査結果メール」が届きます。UCSカードを申し込んだ方の口コミでは、早い方だと1週間程度で審査結果のメールが届いたという方もいます。

審査に通過すると郵送でカードが発送されるので、UCSカードが手元に届くまで申し込みから最短で1週間~2週間程度と考えておきましょう。

UCSカードは審査状況照会ができる

UCSカードの審査結果連絡が来ない場合、UCSカードの公式サイトから審査状況照会ができます。下記の情報を入力して審査状況を確認してみましょう。申込照会番号は申し込み時の画面やメールに記載されています。

  • 申込照会番号
  • 生年月日
  • 電話番号

UCSカードのデザインによって審査基準は変わる?

UCSカード「マイメロディ(マイメロ)」「ドラゴンズカード」などのデザインがありますが、どのデザインを選んでも審査基準は変わりません。好きなデザインのUCSカードを申し込みましょう。

国際ブランドによってUCSカードの審査基準は変わる?

UCSカードは「VISA」「Mastercard(マスターカード)」「JCB」の3種類から選ぶことができますが、どの国際ブランドを選んでも審査基準は同じです。ご自身が好きな国際ブランドを選んで良いですが、世界的に加盟店数が多いVISAかMastercardの国際ブランドがおすすめです。

UCSゴールドカードの審査基準

UCSカードの上位カードとして「UCSゴールドカード」があります。UCSゴールドカードの申し込み資格は「本人年収500万円以上」「勤続年数5年以上」となっており、通常のUCSカードよりも審査が厳しいです。

UCSゴールドカードの審査基準

  • 本人年収500万円以上
  • 勤続年数5年以上
  • 社会的信用がある方にのみカード発行