クレジットカード申し込み時に保険証を提出する際の注意点

クレジットカード申し込み時には本人確認書類(身分証明書)が必要です。本人確認書類は運転免許証を提出するのが一般的ですが、運転免許証を持っていない方は社会保険証や国民健康保険証などの保険証を提出することで本人確認書類が可能です。

保険証は本人確認書類として利用可能

クレジットカード申し込み時に保険証を提出することで本人確認が可能です。保険証には社会保険証や国民健康保険証などの種類がありますが、どの保険証を提出しても問題ありません。

保険証の種類

  • 社会保険証
  • 国民健康保険証
  • 全国健康保険協会
  • 組合管掌健康保険
  • 共産組合の保険
  • 船員保険

また、保険の種類によってクレジットカード審査に通りにくくなることはありません。社会保険証、国民健康保険証どちらを提出しても問題なく審査してくれます。ただし、カード会社に提出する本人確認書類は顔写真付きの書類が良いとされているため、運転免許証を持っている場合は運転免許証を提出した方が審査に通りやすくなります。

本人確認書類が2点必要な場合がある

通常、保険証には顔写真が付いていません。カード会社によっては顔写真が付いていない保険証の提出だけでは本人確認が不十分なため、クレジットカード申し込み時に保険証+もう一点、合計2点の本人確認書類が必要な場合があります。ほとんどのカード会社では保険証だけで本人確認が完了しますが、追加で本人確認書類を求められた場合は下記のような書類を用意しましょう。

  • 住民票の写し
  • マイナンバーカード
  • パスポート

住民票の写しやマイナンバーカードは市役所や区役所で発行できます。海外に行ったことがない方はパスポートを持っていないと思うので、役所で身分証明書を発行してもらいましょう。

保険証の住所と現住所が違う場合

保険証に記載されている住所と現住所が違う場合、保険証の提出だけでは本人確認ができないため、現住所が確認できる住所確認書類が必要です。住所確認書類とは、現住所と名前が記載されている書類のことです。公共料金の領収書や納税証明書などが住所確認書類として利用できます。

住所確認書類として利用できる書類
公共料金(電気・ガス・水道など)の領収書
郵便物の領収書(消印や料金に関する記載があるもの)
納税証明書

住所確認書類は直近の料金支払いが証明できる書類である必要があるため、6ヶ月以内の日付が記載されている書類を用意した方が良いです。支払いから1年以上経過している場合などは住所確認書類として利用できない場合があります。

保険証の番号でカード会社に伝わる情報

保険証に記載されている「記号」「番号」「保険者番号」にはそれぞれ意味があります。クレジットカード会社が利用する情報としては、保険証から得られる都道府県や市区町村の情報です。ただし、務めている会社によっては出張や転勤などもあるため、クレジットカード会社はあくまでも参考情報として利用しています。

  • 記号:保険証を発行した市区町村や会社ごとの番号
  • 番号:その会社で保険証が発行された順番の番号
  • 保険者番号:被保険者の都道府県や医療保険制度の区分

健康保険証は会社に務めていることを証明できる

クレジットカード申し込み時、本人確認書類として社会保険証を提出した場合は会社に務めていることを証明できます。会社に務めているということは安定した収入があって、クレジットカード料金を返済できるだけの経済力があると見なされるため、審査に通りやすくなります。

運転免許証などの本人確認書類を提出しても、カード会社は申込者が本当に会社に務めているかわかりません。そのため、勤務先に電話をする「在籍確認」を行いますが、社会保険証を提出した場合は勤務先を確認する必要性が少なくなるため、在籍確認の電話がかかってくる確率が低くなります。

社会保険証の資格取得年月日で勤続年数がわかる

保険証には、保険証を発行した資格取得年月日が記載されています。社会保険証は会社に入社したらすぐに発行されるため、資格取得年月日を見れば申込者がいつ会社に入社したかわかり、カード会社は申込者の勤続年数を把握できます。

クレジットカード申し込み時に記入した勤続年数と照らし合わせて、提出された社会保険証が本人のもので間違いないか確認します。ただし、入社直後に必ず社会保険証が発行されるわけではないため、カード会社はあくまでも参考情報として資格取得年月日の情報を利用します。

国民健康保険証では居住年数がわかる

国民健康保険証は市区町村で発行される保険証なので、引っ越しをした場合は保険証の切り替えが行われます。そのため、資格取得年月日を見ればクレジットカード会社は申込者の居住年数(現在の住所に住んでいる期間)を把握できます。

クレジットカード審査では居住年数が長いほど審査に有利になります。国民健康保険証の居住年数と、申込者が申請した居住年数が一致していれば、それだけ信用力が増して審査に通りやすくなります。

正社員が国民健康保険証を提出しても問題ない

会社員として務めている方で、何かしらの理由により会社から社会保険証が発行されていない場合、手元には国民健康保険証しかないと思います。会社員であればクレジットカード申し込み時に社会保険証を提出するのが一般的ですが、国民健康保険証しか持っていない場合は国民健康保険証を提出しても問題ありません。

ただし、会社員なのに国民健康保険証を提出すると、勤務先の確認のため在籍確認の電話がかかってくる可能性が高くなります。本人が会社に務めていることが確認できれば、審査に悪い影響は与えないので安心してください。