イオンカードは在籍確認がある?電話の質問内容や電話がかかってくる確率

イオンカードを申し込むと、審査の段階で勤務先に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。在籍確認の電話は必ずあるわけではなく、電話確認が必要だとカード会社が判断した場合のみ電話があります。

イオンカードの在籍確認

イオンカードの在籍確認で何を聞かれるのか、どれくらいの確率で電話がかかってくるかなどを解説します。

イオンカードの在籍確認で聞かれる内容

イオンカードの在籍確認ではカード申込者が「本当に勤務先で務めているか」を確認します。カード会社はカード申し込み時に記入された勤務先の電話番号に電話をかけて、本人が会社に務めていることが確認できたら在籍確認は完了です。

具体的には「○○(カード会社名か個人名)と申しますが、○○様(カード申込者名)はいらっしゃいますか?」と勤務先に電話があります。イオンカードはイオンクレジットサービスが審査を行うので、「イオンクレジットサービス」もしくは「審査担当者の個人名」を名乗ります。

その後、本人が会社にいた場合は下記のような質問をされます。

  • 名前の確認
  • 生年月日の確認
  • カード申込者の住所確認
  • 携帯電話もしくは自宅の電話番号確認

カード申込者が外出中だったりお休みだったりした場合、電話をとった事務職員や社員の方に「○○様(カード申込者名)はお勤めでしょうか?」と確認を取り、在籍確認は完了です。カード申込者本人以外には、生年月日や住所などの確認は行いません。

在籍確認の電話に出られなかったら?

会社の休業日に電話がかかってきたり、会社に誰もいないときに電話がかかってきたりすると電話が繋がりません。その場合、カード会社は数日後に在籍確認の電話をかけ直します。

在籍確認の電話に出られなかったら、カード申込者の自宅や携帯電話に電話を行う「本人確認の電話」で、会社の電話が繋がりやすい曜日や時間帯を聞かれる場合もあります。

在籍確認の電話があっても必ず審査に通るわけではない

勤務先にかかってくる在籍確認の電話は審査に通ったという連絡ではありません。また、自宅や携帯電話にかかってくる本人確認の電話も、審査が通ったという連絡ではありません。

在籍確認は審査の一環としてカード申込者が本当に務めているのか確認する作業です。在籍確認の電話に出られないと勤務先の確認が取れないため、審査に落ちる可能性は高くなります。逆に在籍確認の電話が繋がれば、カード会社が信用してくれるので審査に通りやすくなります。

在籍確認の電話がかかってくる確率

イオンカードを申し込んで在籍確認の電話がかかってくる確率は10%~30%程度です。イオンカードを申し込んだ人の口コミをインターネット上で調査したところ、イオンカードから在籍確認の電話がかかってきたという人は少数でした。

パート主婦の方、フリーター(アルバイト)の方、正社員の方など勤務先がある場合は電話がかかってくる可能性はありますが、在籍確認の電話がかかってくる確率は低いです。

イオンカードは在籍確認なしにできる?

イオンカードの在籍確認をなしにすることはできません。仕事をしていて勤務先がある方なら、誰でも電話がかかってくる可能性はあります。

イオンカードの申し込み資格にも「電話連絡可能な方」と記載されています。ただし、勤務先がない方は自宅や携帯電話に電話する「本人確認の電話」だけかかってくる場合もあります。働いていない専業主婦の方、学生の方には在籍確認の電話は行われません。

在籍確認の電話はいつかかってくる?

クレジットカードの在籍確認は審査の最終確認として電話することが多く、審査がもうすぐ終わるタイミングで電話がかかってくることが多いです。イオンカードは申し込みから1週間~2週間で審査が完了するため、申し込みから1週間~2週間後に在籍確認が行われる可能性が高いです。

イオンカードの電話番号は?

イオンカードは審査の電話番号を公開していないため、在籍確認が行われる電話番号を正確に知ることは不可能です。ただし、もし会社に電話が繋がらなかったときのため、電話をかけ返せるように非通知以外の電話番号でかけてきます。

「0570」から始まるナビダイヤルの電話番号、もしくは「0120」で始まるフリーダイヤルの電話番号で電話をかけてくる可能性が高いです。また、イオンカードコールセンターは「043」から始まる電話番号もあります。

また、東京の市外局番「03」や大阪の市外局番「06」で始まる電話からかかってくる可能性もあります。

在籍確認の電話がかかってきやすい人

イオンカードの申し込みで在籍確認の電話がかかってきやすい人について解説します。

勤続年数が短い方

勤続年数が短い方は勤続年数が長い方よりも「収入が安定していない」「返済が安定しない可能性がある」と判断されるため、イオンカードから在籍確認の電話がかかってくる可能性が高いです。

勤続年数が短いからと言って極端に審査で不利になるわけではありませんが、新卒で務め始めたばかりの方や転職した方は在籍確認の可能性が高いことを覚えておきましょう。

勤務先の会社の規模が小さい方

勤務先の会社の規模が小さい場合、「会社の固定電話がきちんと繋がるか」を確認するため在籍確認の電話がかかってくる可能性が高いです。

業種によって会社の規模の判断基準は異なりますが、従業員の社員数が数名~30名程度なら在籍確認は高い確率で行われるでしょう。

年収が少ない方

収入がある方はイオンカードの申し込み時に年収を記入します。年収が少ない方は「返済能力の確認」のため、在籍確認が行われる可能性が高いです。

イオンカードは収入がない方でも申し込めるクレジットカードなので、年収が少ない方でも審査通過可能です。一人暮らしでそれほど収入がなくても生活できると判断されれば在籍確認は行われませんが、家族全体の年収「世帯年収」が少ないと判断されれば在籍確認の電話はかかってきます。

たとえば、会社員で一人暮らしなら年収150万円で生活できると思いますが、4人家族で年収150万円なら生活は厳しいと思います。年収が十分かどうかは、家族構成・家族人数に応じて総合的に判断されます。

申し込み時に記入ミスがあった方

申し込み時に記入ミスがあると、在籍確認の電話がかかってくる可能性は高くなります。たとえば「申込者の携帯電話に電話が間違っていて繋がらない場合」や「自宅住所が運転免許証の住所と違う」など、カード会社が記入ミスだと判断したら本人確認も含めて在籍確認が行われます。

借金・カードローンの返済が残っている方

借金やカードローンの返済が残っている場合、在籍確認の電話が行われる可能性が高いです。借金があると「本当に会社に勤めていて安定した収入があるのか」をカード会社は確認します。

ただし、住宅ローンや自動車ローンなどの有担保ローンはイオンカードの在籍確認に影響しません。ご家庭があれば住宅ローンや自動車ローンを組んでいる方が多いので、「返済能力が低い」とは判断されないからです。

職業ごとの在籍確認

職業ごとの在籍確認について解説します。

専業主婦・パート主婦

専業主婦の方は勤務先がないので在籍確認は行われません。旦那さま(配偶者)の勤務先に在籍確認の電話が行われることもありません。

ただし、パート主婦の方はパート先(アルバイト先)に在籍確認の電話がかかってくる可能性があります。パート主婦の方は接客業などで本人が電話に出られないことも多いですが、勤務先の従業員が電話に出られれば在籍確認が完了するので問題ありません。

学生

学生でアルバイトをしていない場合、在籍確認の電話はありません。また、通っている学校にも電話はかかってきません。

学生でアルバイトをしている場合、在籍確認の電話がかかってくる可能性はあります。しかし、学生はクレジットカードの審査に通りやすい属性(職業)なので、在籍確認が行われる可能性は低いです。

個人事業主

個人事業主の方は事務所を借りている場合、事務所に在籍確認の電話がかかってきます。自宅で働いている方は、自宅の固定電話や携帯電話に電話がかかってくる可能性が高いです。

個人事業主は会社勤めの方よりも収入が安定しないと判断されるため、クレジットカードの審査に通りにくく在籍確認の電話がかかってくる可能性が高いです。

無職・年金受給者

無職・年金受給者の方は勤務先がないので在籍確認の電話はありません。その代り、自宅や携帯電話に電話がかかってくる「本人確認」が行われる可能性が高いです。

会社員・公務員

会社員・公務員の方は「収入が安定している」「返済能力がある」と判断されるため、在籍確認の電話がかかってくる可能性は低いです。通常は安定した収入があれば審査に通るので、それほど在籍確認を気にする必要はないでしょう。