イオンカードは専業主婦・パート主婦でも作れる

イオンカードは専業主婦・パート主婦でも作れるクレジットカードです。イオンカードの公式サイトでも「パートや専業主婦でもお申し込みできます」と記載されています。

ここでは、主婦の方はイオンカードを申し込む際に気になる下記について解説します。

  • イオンカードは収入がない専業主婦でも作れる?
  • 申し込み時の記入方法(作り方)がわからない
  • イオンカードの審査に落ちる原因は?

イオンカードは主婦でも申し込み可能

イオンカードは主婦でも作れるクレジットカードです。イオンカードの申し込み資格は「18歳以上(高校生不可)」となっており、申し込みにあたり収入に関する条件がありません。

また、イオンカードの公式サイトでは「パートや専業主婦でもお申し込みできます」と記載されています。もちろん、申し込みしてみなければ審査結果はわかりませんが、収入がない専業主婦の方でも申し込みできるクレジットカードということは確かです。

イオンカードは主婦でも申し込み可能

また、過去にイオンカードが発表しているデータによると、イオンカード会員の73%が女性となっています。

イオンカードの73%は女性会員

イオンカードの会員数は2018年に4,000万人を突破しており、日本人女性のうち2人に1人はイオンカードを持っている計算になります。これらの情報から、主婦でも問題なくイオンカードの審査に通ると言って良いでしょう。

イオンカード申し込み時の入力項目

主婦の方がイオンカードを申し込む際、申し込み情報の入力項目について解説します。

職業

職業の項目は、専業主婦の方は「主婦(主夫)の方」を選択します。パート主婦の方は「派遣・パート・アルバイトの方」を選択しましょう。

年収(カード申込者の収入)

職業の項目で「主婦(主夫)の方」を選択した場合、年収の項目は入力できず「0円」となり、入力できなくなります。

「派遣・パート・アルバイトの方」を選択した場合、ご自身のパート収入を入力しましょう。「パート収入が少ないけど大丈夫?」という方もいると思いますが、は世帯収入を総合的に判断して審査が行われるため問題ありません。

パートを始めて数ヶ月で年収がわからない方は、月収×12ヶ月で計算して年収を記入しましょう。仮に1ヶ月のパート収入が5万円だった場合、5万円×12ヶ月で年収は60万円になります。

配偶者年収

配偶者年収の項目は、旦那さまの年収を記入します。専業主婦の方は旦那さまの年収を元に審査が行われるため必ず記入しましょう。

配偶者年収は、所得税や住民税、保険料が引かれる前の収入のことです。また、旦那さまにボーナスがあればボーナスを含めた金額を入力します。お手元に1ヶ月分の給与明細書があれば「総支給額」の欄に月収が記載されています。源泉徴収票があれば「支払い金額」の欄に年収が記載されています。

  • 給与明細書:「総支給額」が月収(総支給額×12ヶ月+ボーナス=年収)
  • 源泉徴収票:「支払い金額」が年収

旦那さまの正確な年収がわからなければ、おおよその年収を記入しても問題ありません。イオンカードの審査では収入証明書の提出が必要ないため、カード会社が配偶者の正確な収入を把握することはありません。

ご家族

家族の人数、家族構成などを選択します。クレジットカードの審査では、家族全員が生活できるだけの十分な収入があるか判断されるため、家族構成は正しく入力しましょう。

旦那さまが単身赴任などでほとんど自宅にいないという場合でも、旦那さまを含めた家族構成を入力してください。

ただし、お子さまが就職していて一人暮らしをしていて実家にいない場合、お子さまは家族構成に含めません。「生計を同一とする家族」のみを家族構成に含めて入力しましょう。

住居形態

居住形態は、持ち家や賃貸などご自身が住んでいる居住を選択します。居住年数は現在住んでいる家に何年住んでいるか記入しましょう。

基本的には、住宅ローンが残っていたとしても持ち家があると審査に通りやすくなります。また、居住年数も長い方が審査に通りやすいです。

他社借入

他社借入は、カードローンや学生ローンなどの無担保ローンの借入(いわゆる借金)がある場合のみ記入します。有担保ローンである自動車ローンや住宅ローンの借入は含めません。

他社借入金額、他社借入件数は個人信用情報機関という機関のデータからカード会社が調査するため、借り入れがある場合はできる限り正確な金額を記入しましょう。

主婦がイオンカードの審査に落ちる理由

主婦の方がイオンカードの審査に落ちる理由・原因を解説します。

信用情報が傷ついている

信用情報とは、過去のクレジットカード利用やカードローン利用などの利用履歴のことです。信用情報は個人信用情報機関という機関に記録されており、過去5年~10年分のカード利用履歴が保管されています。

イオンカードの審査の際、申込者の信用情報をカード会社が調査します。過去にクレジットカードの延滞やカードローンの延滞があるとイオンカードの審査に落ちる原因となります。

ただし、1ヶ月~2ヶ月程度の延滞であれば審査にあまり影響しません。数ヶ月程度の延滞は、銀行口座に入金忘れなどで頻繁に起こることがあるためです。

カード会社が恐れているのは、クレジットカードやローンの長期延滞です。長期延滞があると生活に十分な収入がなく、返済能力に問題があると見なされて審査落ちになる可能性が高くなります。

他社借入が残っている

他社借入の返済が残っていると、イオンカードの審査に落ちる原因になります。カードローンなどの無担保ローンを利用していると、カード会社に「お金に困っている」という印象与えてしまうからです。

借入額が少額であれば審査にあまり影響はありませんが、50万円~100万円以上の借入が残っている場合は審査に落ちる可能性が高まります。できる限り、借入を返済してからイオンカードを申し込んだ方が良いでしょう。

配偶者の年収が少ない

主婦のイオンカード申し込みでは、配偶者の年収、主婦本人の年収を総合的に判断して審査を行います。そのため、配偶者の年収が少ないとイオンカードを発行してもカード料金の返済が難しいと思われて審査に落ちる原因になります。

また、クレジットカードの審査では年収だけではなく、家族の構成人数や持ち家の有無なども重要になりまさう。家族の人数が多いと世帯全体の出費は多くなるため、審査通過に求められる年収額も多くなります

主婦がイオンカードを作るときのQ&A

主婦の方がイオンカードを作る際、疑問に思う点を解説します。

旦那(配偶者)の信用情報は審査に影響する?

基本的に、旦那さまの信用情報はクレジットカード審査に影響しません。信用情報はイオンカード申し込み時に入力する「申込者の情報」を元に照会されているため、カード会社は旦那さまの信用情報を調べられないからです。

ただし、旦那さまが過去にイオンカードの長期延滞をして、カード会社の社内情報としてブラックリスト入りしている場合は審査に影響があります。カード会社にブラックリスト情報が残っていると、申し込み時に入力する住所から旦那さまのイオンカード履歴を照会される可能性があるからです。

利用限度額(ショッピング枠)はいくらになる?

主婦の方がイオンカードを申し込んだ場合、利用限度額(ショッピング枠)は10万円~30万円程度に設定される場合がほとんどです。イオンカードで普段お買い物する分には、10万円~30万円の利用限度額で十分だからです。

イオンカードの利用限度額は最初から高く設定されることは少ないです。イオンカードを利用し続けて信用履歴を積み重ねれば、後から利用限度額の増枠申請したとき審査に通りやすくなります。

キャッシング枠は希望できる?

イオンカードは主婦でもキャッシングを希望することはできますが、キャッシング枠の希望金額は申請できません。そのため、キャッシングを希望すると申込者や配偶者の年収を元に、カード会社が返済可能と判断したキャッシング枠が付与されます。

通常、キャッシング枠は総量規制という法律で「キャッシングは年収の3分の1まで」と決まっているため、専業主婦の方はキャッシングを申し込めません。しかし、イオンカードはイオン銀行が発行しているクレジットカードなので、「銀行のクレジットカードは総量規制の対象外」という法律が適用され、専業主婦でもキャッシング枠を希望できます。

キャッシング枠は申し込み時に「カードの利用目的」という入力項目で選択できます。キャッシング枠にチェックを入れても、キャッシング審査に通らなければキャッシング枠なしのイオンカードが発行されます。

カード利用目的の選択項目

  • 生活費支払い
  • 事業費支払い
  • キャッシング

カード利用目的の選択項目は複数選択できます。キャッシングを利用したい方は「生活費支払い」と「キャッシング」の両方にチェックを入れておけば、キャッシング審査に落ちたとしてもキャッシング枠なしのイオンカードが発行される可能性は高まります。

在籍確認や本人確認の電話がカード会社からかかってくる?

パート主婦の方はパート先(勤務先)に在籍確認の電話がかかってくる可能性はあります。しかし、ほとんどの場合は勤務先への在籍確認は行われません。

専業主婦の方は申し込み時に旦那さまの年収を記入しますが、旦那さまの勤務先情報は記入しません。カード会社は旦那さまの勤務先がわからないので、旦那さまの勤務先に在籍確認の電話はありません。

自宅や携帯電話にかかってくる本人確認の電話は、専業主婦・パート主婦ともにかかってくる可能性はあります。しかし、ほとんどの場合は本人確認の電話もかかってこないです。

住宅ローンや自動車ローンがあっても審査に通る?

住宅ローンや自動車ローンが残っていても、イオンカードの審査にほとんど影響しません。有担保ローンはローンが支払えなくなっても自宅や車を売却して返済に充てられるため、悪い意味での借金としては見なされないからです。

また、基本的には誰でも住宅ローンや自動車ローンを組んで、家や車を買っています。イオンカードは日本人女性のうち2人に1人が持っているカードなので、住宅ローンや自動車ローンが残っている方にもカード発行されていると考えるのが自然です。