奨学金の返済はクレジットカード支払いできない

奨学金の返済はクレジットカード返済できず、銀行口座からの引き落としのみです。ここでは各種奨学金がクレジットカードで返済できない理由や、奨学金の返済が難しい場合の対処法を紹介します。

基本的にどの奨学金でもクレジットカード支払いは不可

奨学金の利用で一般的な日本学生支援機構の他に、地方自治体の奨学金や大学が実施している奨学金制度があります。しかし、どの種類の奨学金でもクレジットカードで返済できません。

奨学金の種類 クレジットカード返済
日本学生支援機構の奨学金 クレジットカード返済不可
地方自治体の奨学金 クレジットカード返済不可
入学時特別増額付与奨学金 クレジットカード返済不可
民間企業の奨学金 クレジットカード返済不可
新聞奨学金 クレジットカード返済不可

日本国内には数百種類の奨学金があるので全ての奨学金がクレジットカード返済できないとは言い切れませんが、基本的にはどの奨学金でもクレジットカード返済できないと考えて良いでしょう。

もし奨学金をクレジットカードで返済できるなら毎月ポイントが貯まったり、お金に余裕がないときに返済を先送りしたりできますが、実際にはクレジットカード返済できません。

奨学金の返済をクレジットカードでできない理由

奨学金の返済をクレジットカードでできない理由は、奨学金団体がクレジットカードの加盟店手数料を支払わなければいけなくなるからです。VISAやMastercard、JCBなどの国際ブランドに加盟する場合、加盟店手数料として3%~5%ほどの手数料が取られます。奨学金は有利子と無利子のタイプがありますが、返済額から3%~5%の手数料を取られてしまうと奨学金団体は赤字になってしまい運営が難しくなってしまいます。

そのため、奨学金の返済は基本的に銀行口座からの引き落とし(口座振替)となっています。奨学金では口座振替口座のことをリレー口座と呼びますが、これは返済した奨学金が後輩の奨学金として受け継がれる(リレーする)という意味が込められています。

お金に余裕がなくて奨学金の返済ができないときの対処法

奨学金は長期間返済を続けていくため、お金に余裕がなくて返済できなくなる場合があります。返済が難しい場合、奨学金を借りている団体に連絡して返済を待ってもらうか、他の機関から現金を借りる必要があります。

奨学金の返済を待ってもらう

日本学生支援機構の奨学金を例に挙げると、返済が難しいときに一時的に返済を減額してもらったり、返済を待ってもらったりすることができます。減額返還という制度では失業や病気で返済が難しくなったときに一定期間の間、返済額を2分の1もしくは3分の1に減らしてもらえます。また、返還期限猶予という制度では失業や病気の場合、一時的に返済しなくて良い期間が設けられます。

ただし、上記の制度で一時的に返済を減らしたり返済を待ってもらったりしても、本来返済しなければいけない金額(元金や利息)が少なくなるわけではありません。あくまでも一時的な救済措置として設けられている制度です。

両親からお金を借りる

奨学金の返済が難しければ両親からお金を借りるという手段があります。約束次第では借りたお金をそのまま返せばよく、利息や手数料などもかからずに奨学金の返済に充てることができます。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する

次の給料日までお金がないなどの理由で一時的に奨学金の返済が難しい場合、クレジットカードのキャッシング機能を利用するという手段もあります。クレジットカードのキャッシング機能はコンビニや銀行のATMで現金を借りられるサービスです。

クレジットカードのキャッシングは次回のクレジットカード返済日に借りたお金をまとめて返済する翌月一括払い、もしくはリボ払いで返済できます。いずれの返済方法でも返済期間に応じて金利手数料が実質年率18.0%かかるのが一般的です。仮にキャッシングで現金を5万円借りて30日後に返済した場合、利息は739円です。(実質年率18.0%の場合)どうしても返済が難しい場合はクレジットカードのキャッシングを利用すると良いでしょう。

カードローンで現金を借りる

カードローンは銀行や消費者金融などが現金を貸してくれるサービスです。銀行カードローンならイオン銀行カードローン、楽天銀行カードローン、消費者金融ならアコムやプロミスなどが有名です。カードローンもクレジットカードのキャッシングと同じく利息がかかります。

カードローンはクレジットカードのキャッシングと違って、借りたお金を長期間で返済するのが一般的です。10万円以上の現金を借りるのであれば毎月少しずつ返済できるカードローンを利用した方が良いでしょう。